【新型コロナ関連】浜松市オンライン物産展開催事業について解説

浜松市オンライン物産展開催事業について解説したページです。楽天市場で浜松市の地場産品を販売する本事業に参加すると、これまでにインターネット通販に取り組んだことがない事業者さんも楽天市場で自社の商品を販売できます。※第1回目の申込期限は6月5日。

スポンサーリンク

浜松市オンライン物産展開催事業とは?

新型コロナウイルス感染症に関連して浜松市が独自に行う事業者支援のひとつ。浜松市で生産・製造された地場産品などを楽天市場で販売する事業です。今年度内に3回実施が予定されていて、第1回目は「食品の福袋」を販売します。

楽天市場に出店している事業者だけでなく、楽天市場に出店していない(インターネット通販自体に取り組んだことがない)事業者も参加できます。参加できるとは、自社の商品を本事業を通じて楽天市場で販売できるということです。費用は一切かかりません。このページでは、楽天市場に出店していない事業者を前提に、事業の概要や参加するメリットなどを解説します。

事業の概要

楽天市場に出店していない事業者が、浜松市オンライン物産展開催事業に参加するイメージは次の図のようになります。

浜松市オンライン物産展事業のイメージ

福袋は販売代行事業者の店舗で販売

浜松市オンライン物産展事業は、浜松市が独自に楽天市場に出店するわけではありません。販売代行事業者の株式会社やまぶきさんの楽天市場の店舗内に事業の特設ページが設けられます。

浜松市は事業者の募集と楽天市場の特設ページで商品がたくさん売れるように販売促進費を支出します。楽天市場はすごくたくさんの商品があります。そのなかで浜松市の福袋が売れるようにするには楽天市場内での販売促進が必要不可欠です。

やまぶきさんの楽天市場の店舗「うなぎグルメ専門店 浜名湖山吹」はこちら

参加の流れ

楽天市場に出店していない事業者が、浜松市オンライン物産展開催事業に参加する流れは次の通りです。

  1. 浜松市のホームページにある参加申込書をメールで提出する
  2. 申込み内容の審査後に浜松市から連絡がくる
  3. 販売代行事業者の株式会社やまぶきと買取価格・数量などの話し合い
  4. 商品の納品、販売スタート

まずは浜松市ホームページの「浜松市オンライン物産展開催事業について」を読んでください。

浜松市の「浜松市オンライン物産展開催事業」のページはこちら

※個人・法人を問わず応募できます。納品が必要な最低数量なども決まっていません。浜松市のホームページにある要件を満たす事業者さんは積極的に応募してください。

先行事例

浜松市のオンライン物産展開催事業に類似したものは、「ふっこう復袋」などの名称でいろいろな地域で実施されています。楽天市場でもかなり売れているようで、楽天ランキングの上位になっている復袋もあります。どんな「ふっこう復袋」が販売されているか実際に確認するとイメージしやすいです。

楽天でどんな「ふっこう復袋」が販売されているか確認する

※「ふっこう復袋」は、北海道の山ト小笠原商店が最初にはじめたものです。福袋ではなく“復袋”なのは、復興と福袋が掛け合わせているそうです。なお、「復袋」は同社が商標出願をしています。

スポンサーリンク

参加するメリット

販路開拓になる

浜松市オンライン物産展開催事業は販路開拓になります。もちろん売上は純増するでしょう。これまで楽天市場以外で通販を行っていた事業者さんはもちろん、少しでもインターネット通販に関心がある事業者さんにとって良い機会です。

また、食品福袋を通じて商品を気に入ってもらえれば継続的な購入につながる可能性もあります。

地域貢献できる

食品福袋の売れ行きを伸ばすには、魅力的な商品を揃えることが重要です。楽天市場に出店していない事業者さんの商品ならそれだけで希少性があります。

福袋に、あなたの商品が入っている(かもしれない)ことが浜松市の福袋を購入する決め手になる人がいるかもしれません。そうなれば、あなたが参加することが、福袋の他の商品を提供する事業者、ひいては浜松市全体の利益になります。

注意点

浜松市のホームページに、

浜松市は、楽天株式会社が推薦する販売代行事業者を紹介しますが、商品の買取又は代行販売を約束するものではありません。

とある通り、浜松市オンライン物産展開催事業はあらかじめ見返りが決まっているものではありません。この点が他の協力金や補助金とは異なります。

「浜松の他の事業者と協力しあって、浜松の魅力的な地場産品を全国の人に買ってもらおう!」という考え方で応募すると、販売代行事業者さんとの話し合いなどがスムーズになると思います。

浜松市の「浜松市オンライン物産展開催事業」のページはこちら

スポンサーリンク